はじめましての方はこちらから

どうもーナナイロペリカンです
0928扉

前回からの続きです↓

まだ見てない方はこちらから!


私が高校生の時、まだネット検索が普及する前のことです。

好きだった有名人が婦人系の病気を公表し、

『自分ももしかしたら…一度病院で診てもらいたい…!』
『でも勇気がない…』

しばらくモヤモヤと思い悩んでおりました。

そんなとある日、モヤモヤもピークに
0928-1
0928-2
0928-3
盛り上がってまいりまして(笑)
0928-4
怖いけれど…まずは自分で乗り越えたい(恥ずかしい)壁がある

今思えば、母親に相談するべきでしたね。
別に親子関係が悪いとかではないのですが、

『シモの話を親に頼るほど赤ちゃんじゃないぜ?』なんてギザギザした年頃でした(笑)

そしていよいよ初めての婦人科の扉を開きます…
0928-5
0928-修正
誰もおらず、静かだったことを覚えてます

少しの間オロオロしてると奥の方から受付の女性が出てきて
0928-7
0928-8
受付の方は普通に問診票を渡して対応してくれ、あーよかったとホッとしたのを覚えてます

しかし、この後登場するまともな大人はこの受付の人だけでした


チーン👻……(笑)

やーしかしこの日のことは20年以上経った今でもはっきり覚えてます。

病院ってアタリハズレ長いこと生きてて色々とありましたが、ここまでのハズレは珍しいものでした。
クチコミなんてない時代だったから余計にだったかもしれませんが、嘘みたいなできごとでしたね…
できるだけおもしろおかしく書いていくので次も見てってくださいね。

次回に続きます…


LINEで更新通知を受け取る
dokusha2021

最近は読者さんのお子さんが大きくなり、小学生から中高と若い子もブログを見てるので一言

抵抗があるけど病院に行きたい…と悩んでるあなた、病院は絶対行ってくれ!私からのお願いです。
早く悪いものが見つかればいいことしかないから、病院にはぜひ自信たっぷりで、ドヤ顔で行ってほしい。笑
ぜひ、自分の体を大事にしてやってあげてね。できれば信頼できる大人と一緒だとベストだけど…
どうしても親に言えなかったらひとりでも全然いいので勇気を出して病院へ行ってみてね。

合わせてどうぞ

この時のバイトはケンタッキーでした

 

CTスキャンをとった時もある種忘れられない体験でしたね(笑)


つぶやき犬写真など↓
twi

過去記事まとめてます↓
insのコピー