どもども、ナナイロペリカンです。

本日は七夕…!
あいにくの雨模様ですがいかがお過ごしでしょうか。
(九州の深刻な大雨が心配です。大丈夫でしょうか

タマ子作、手作りバスボムの作り方を教えてもらったので
見てってくださいね。
0707−2
最近の母はタマ子のお財布担当。
手を貸すどころかタマ子が自分で調べた作り方を教えてもらったり
ただ横で見てるだけ(笑)

材料は重曹とクエン酸でできちゃいます。
あとは演出で色素をつけたりアロマオイルを混ぜたりするくらい!
0707−13
0707−4
霧吹きを1、2回吹き付けたら混ぜると少しずつ繰り返し
粗塩くらいのシャラシャラ感になるまで混ぜましょう。

その後に色つけ。
分量は少量でOK

市販の入浴剤のように風呂水にがっつり色はつきません。ほんのりくらい。
なので適度でいいと思います。入れすぎなくてもいいと思います。

0707−5
バスボム1個に対して2、3滴程度がいいみたい。
たくさん入れても肌荒れを起こすかもしれないので控えめがオススメです

0707−6
お金かけない方法でサランラップかガチャガチャかを推奨!(笑)

100均でいろんな型を買うのも楽しいですね。
ただ割れやすいのでシンプルな形の型がオススメです。

0707−7
2時間もすれば完成!カチコチです。
0707−8
小さい子供が入浴剤を毎日使いたがったりすると思うので
手作りすると安上がりでいいと思いますよ〜

※追記:すみません!
最初、重曹150g、クエン酸50gと書いたのですがレシピを確認したところ
正しくは
重曹100g、クエン酸50gでした。
画像も直しました。
でも↑この3対1の分量で作りましたが問題なかったです。
もしかしたら重曹が多いととろみが多めのお湯になるかも知れません。


使ったクエン酸はこちら950g入り。
とても溶けやすくオススメでした。
チャック付きで保存もしやすく、ジュースなどにも使えます。
重曹は掃除などでも活躍するのでまとめ買いしがちですが
個人的に1、2キロ以上は場所取るのでおすすめしません。
たくさん買ったらペットボトル2Lに詰めて使います(なかなか無くならない…)

タマ子のクラフト・お手伝い記事




LINEで更新通知を受け取れます(ミュートもできる)

よかったら読者登録お願いします↓

btn_add_blogreader

【著書】
いろはにちへど全2巻(雑誌連載)
①巻:タマ子3歳〜/キミ子0歳〜のエピソード
②巻(おかわり):タマ子5歳〜8歳/キミ子2
歳〜5歳のエピソード
たまご絵日記全2巻(ブログのマンガ書籍化)
①巻:タマ子0歳〜1歳のエピソード