どもども、ナナイロペリカンです!

現在、我が家の老インコが体調不良です。

ご長寿インコジュラ(17歳)を出し抜き
なんと、先にロッシ(12歳)が危ない状態に…。

二羽についてはもう人間でいうと100歳を超えるような長生きなので
あちこちと悪いところがあり、
いつ落鳥してもおかしくないという覚悟はできています。

でも最近のジュラはどんどん目が見えなくなり、
そんなジュラを心配してかロッシは片時も離れず、
1日中くっついて過ごしており、
いつまでも仲睦まじい二羽を1日でも長くみていたいなぁってしみじみ思っていたところ。

そんな日常が突然壊れたのが、2日前のこと。
0731−1
いつもの餌の取り合いの小さなケンカではなく、
ロッシがカゴの中で大暴れしていまました。
0731−2

いつも出さない壊れたおもちゃのような声で
キュッ!と痙攣のたびに鳴いてたのが恐ろしかった。

ただ水を飲ませ、落ち着かせることしかできない。

その日はロッシ羽ツヤの調子が悪くじっとしてたので
できる限り涼しくしたり
水分とらせたり 霧吹き 小松菜シャワー
色々やったけど、ご飯を食べてるところを見ておらず、
でもまさかそこまで具合が悪いなんて。

その後も痙攣と鳴き声は止まず
体力がみるみる失われて行くのを感じました。

子どもたちにも
もしかしたらお別れになるかもしれないと説明。


長女はずっと心配して世話を焼こうとついていた。
次女は泣いていた。

0731−3
その後子供たちを寝かしたあと
0731−4
その日は旦那も遅く、子どもを連れて病院に行くという選択肢はできなかった。
夜間病院に連れて行くのも、ロッシにとってはリスクが大きいので難しい。

IMG_4915 のコピー
0731−5

心拍が弱ってる…
呼吸が荒い…
注射でショック死する可能性もある…

でもこのまま衰弱死も免れない。

……覚悟は…いいですか…?
0731−6
できてるできてる言ってたけど、できてるわけないよ。
この時ずっと我慢していたけど号泣してしまいました。

しかしロッシ、なんとかショック死もせず
注射に耐えてくれました!

ただこの後が大事。


夜になり、以前と状況は変わらず全く食べてくれず
これでもう2日食べてないことになる。
このままではどのみち死んでしまう。
なのでー
IMG_491ピー
もう無理にでも食わすしかない!

次回へ続く→(②へ

気をつけてはいたけれど、
このところの急激な梅雨から猛暑の気候の変化に耐えられなかったようで
それで一気に熱中症になってしまったんだと思う。
(脳神経がやられてる動きでした)

人間でも死者が出るような気候。
小さな生き物なんかひとたまりもないですよね。
皆様の鳥やペットは大丈夫ですか?


インコが暑がってるか寒がってるか見分けるコツ

寒い時

羽を広げてふわふわしてる時は激さむなので温めて。ただし湿気は苦手です。空気を循環させましょう。

暑い時
羽は広げず細くなって口を開けたりワキを開閉したりしてます。
水は干からびてませんか?霧吹きをかけたり
エアコンの効いた涼しい部屋へ。

もう少し二羽一緒の姿を見ていたい…神様。




LINEで更新通知を受け取れます(ミュートもできる)
よかったら読者登録お願いします↓
btn_add_blogreader

老インコを応援してくれてありがとうございます。
ほんっとうーに励みになっております!(´;ω;`)

明日、先日一旦非公開にした旅行のPR記事が朝7時に更新されます。
ロッシの続きは夕方〜アップしますね。


【書籍】
いろはにちへど1〜2(講談社おともだち連載)
①巻:タマ子3歳〜/キミ子0歳〜のエピソード
②巻(おかわり):タマ子5歳〜8歳/キミ子2
歳〜5歳のエピソード

【amazon】
【楽天ブックス】


たまご絵日記1〜2
(ブログの書籍化)
①巻:タマ子0歳〜1歳のエピソード
②巻:タマ子1歳〜2歳のエピソード

【amazon】
【楽天ブックス】

感謝御礼(*´ェ`*)