どもども、ナナイロペリカンです!

タイトルの通り、「親の闘病、ひとり反省会」ということで
母の病気について思ったことや後悔などを綴っていけたらと思います。

前回の記事、見てない方はぜひこちらから
als-to

母の異変が発症した年が2014年でした。
ALS-2−1
母は頼もしかった。

キビキビと動き、たくさんの品数の料理を作ってくれて
手伝いたがる長女と一緒に料理をしたり
下の子が泣きじゃくっても屁でもない様子で野菜をかじらせ泣き止ませたりした。

「ヤバイ時は母に頼めばなんとかなる」
母は有事の際には必ず家族を助けてくれる人だった。
そんな母に私も遠慮なく愚痴を吐いたり
疑問もなく甘えきっていた。
ALS-2−2
今では忘れることができない、それが母の最初の異変。
ALS-2−3
この時点ですぐ母を大きな病院に連れて行ったら…

この時の母は、「ALS」ではなく
「後縦靱帯骨化症」という難病にかかっており、それが進行していた。

この病気は1秒でも早い段階で進行を食い止める手術をすれば
その時点で神経の損傷がストップするので
ここですぐに大きな病院に行って
すぐに手術をしていたらどれだけ未来が違ったのだろう。
と後の祭りですが、当時のことはずっと悔やんでます…。

★反省1
妙な異変は、症状が小さくてもすぐに大きな病院へ

親の異変は自分の異変と思え!


普段あまり親御さんと会話をしない方も多いかと思いますが、
Wケア対策としても定期的に会って
何か異変があれば無理してでも病院で検査してもらうようにしてください!
お願いします。


LINEで更新通知を送る↓
よかったら読者登録お願いします.。゚+.(・∀・)゚+.゚↓
btn_add_blogreader
自分の後悔と反省と、
万が一こうなってしまう人をひとりでも減らしたい
そんな思いで書きました。
少しの間続きます。

【書籍】
いろはにちへど1〜2(講談社おともだち連載)
①巻:タマ子3歳〜/キミ子0歳〜のエピソード
②巻(おかわり):タマ子5歳〜8歳/キミ子2
歳〜5歳のエピソード

【amazon】
【楽天ブックス】


たまご絵日記1〜2
(ブログの書籍化)
①巻:タマ子0歳〜1歳のエピソード
②巻:タマ子1歳〜2歳のエピソード

【amazon】
【楽天ブックス】

感謝御礼(*´ェ`*)