どもどもーナナイロペリカンです(・∀・)つ

ひさびさお出かけレポです。ちょい長めです、お時間のある時に!

先月のことなのですが
ペンギンやダンゴムシなど生き物になれちゃう企画展に
友人とタマ子キミ子と行って来ました!参考になれば幸いです
19
生き物になれる展
生き物図鑑「MOVE」と連動している企画展とのことで
子どもでもわかりやすい展示で生き物の知恵や生態を学べつつ、
「なれる」とのことで(なれるって…?)

キミ子は「ちょうちょなりたーい」
タマ子は「ダンゴムシになりたーい」
母は「それらをまるっと撮影したーい!」
というわけで意見がまとまりまして

混雑を避けた平日が狙い目だろうと(割と本気)鼻を膨らませGO!!
1115-1

場所

お台場にある日本科学未来館 1階 企画展示ゾーン

汐留から乗り換えて、ゆりかもめ「船の科学館駅」で下車 徒歩5分
(テレポート前駅で下車 徒歩4分もあり)

と、その前に久々に乗ったゆりかもめがすごく素敵で!
超未来感のあるかっこいい乗り物で気分がアガる!アガる!
1115-2JPG
ぜひ一度ゆりかもめに乗って堪能していただきたい…(*´∇`*)

しかし目的地の
「船の科学館駅」
お台場目当てでゆりかもめには大量に観光客がいたのに
2駅隣なのにこの駅を降りると、人っ子ひとりいない…マジで誰もいない…
1115-3
(突然出てきた未満都市)笑 そして似てない

滅びた未満都市のような街を歩き
荒廃した雰囲気を全身に浴びながら歩き
(失礼すぎか)

子どもの速度で徒歩10分ほど
日本科学未来館へ到着!
なんか長く感じたぁ…ホッとしたよー
1115-4

常設展とは別の
、企画展示ゾーンへ

平日の夕方とあって本当に人がまばらでしたが
展示はゆっくり見たいので平日超オススメです
1115-5

博物館って子ども連れどうなの?
難しくない?
と気になるところですが

待っているのは子どもにもわかりやすく写真がたくさんで見やすい展示
1115-6

4つのなれる体験と、しかけ展示

+α平日限定イベント

4つのなれる体験の一つ
「スモール・ガーデン」

いざ小さな世界へ…
主にダンゴムシの生態が学べる展示となっており

タマ子が一番楽しみにしていたのもこれ
「ダンゴムシスーツ」に着替えて憧れのダンゴムシに!!!
1115-7
スーツだけをみたときは一瞬「ギョッと」Gを彷彿するような(笑)
ものだったんですが、これがね…いざ着て見ると

…やばーい…楽しーい
1115-8
写真と動画の手が止まりません(ほんとよ)
後から写真を見返すとやっぱりちょっとあれだな…(笑)

いかにして身を守るかをスタッフの方のレクチャーを受けながら
丸まったり自由に歩いたりしてダンゴムシ体験ができました

続きまして、バジリスク
になり水面を走る忍者と化す!
「ワンダー・ジャングル」

熱帯雨林のイグアナの仲間になりきれる体験展示へ
1115-9

このぱっと見水にしか見えないところを
1115-10
タタタタッと走るという体験ができる!
こわおもしろい.。゚+.(・∀・)゚+.゚

子供は身軽できゃっきゃとあっという間に渡ってしまい
1115-11
私は恐ろしくて腰が引けてしまいました…
うーん。昔は身軽だったのに…

バジリスクにはなれないと確信!


続いてペンギンになれる
「サバイバルオーシャン」

「ペンギンスーツ」を着てお腹で滑りおりられます1115-12

サメにのお口にまっしぐら!!!笑
1115-14

思ったよりスピードは出ないのでスリルを求める方は手を地面に漕ぐとスピードアップし、
よりペンギンらしい仕様になります

さらに連写で写真を撮ってもらうと楽しい…
最後はライオンになって
シマウマ狩り体験ができる「ミラクル・サバンナ」
1115-2
ダルマさんが転んだ的な要領で、スクリーンに映し出されたシマウマが
みてる間は岩の陰に潜み、スキを見て陰から影へ移動し、
シマウマにたどり着きボタンをタッチすれば成功!

子どもらは見事シマウマを狩ることができましたー
スタッフの方がお母さんもぜひ!と言ってくださったのですが
1115-15
全くもって野生に向いてないとつくづく感じる私よ…
(少しは動け!)

他にも仕掛けの「巨大図鑑」コーナー
1115-17
ホエザルと声の大きさで競ったり
求愛ダンスゲームだったり生き物のアレのニオイを嗅ごうという肝試し的コーナーなど

キミ子がなりたかった
モルフォ蝶という世界一美しいと言われる蝶は…
1115-16
よく見えなかった…!

他にも小道具を装着するプチブースや
これぞインスタ映え?と言った展示が盛りだくさんですごく楽しかったです
1115-18
1115-19
会場内もコンパクトにまとまっており、歩き疲れることもなく
子供達のコスプレが楽しくて楽しくて!
ずっと鼻息荒くムハムハしてました〜

チケットのお値段は決してお安くはないのですが、
入場料には 常設展の料金も含まれるので
早めに行って宇宙やテクノロジーの展示もついでに見に行けるので
早く行けばたっぷり楽しめると思います!

また+αのイベントとして平日の特定日に体験型恐竜ライブショー
「DINO-A-LIVE」の「ラプトル」が襲来するらしく
d26744-4-129637-4
後から知ってすごく会いたかったので残念。
平日に行くなら公式のスケジュールをチェックして見るのをオススメします

平日の夕方はかなり空いていたのでノンストレスで見ることができたし
写真もたくさん撮れて楽しかったのですが
休日は並ぶときは30分とか待つのがザラみたいだったので
お気を付けて(公式ツイッターで確認)

今年4月までなので気になった方は
早めにチェックしてはいかがでしょうか
(モニターとかじゃないからね。念のため^^;趣味レポです)


生き物になれる展

長くなりすぎたけど最後まで見ていただきありがとうございました!
ではではー

********
→ついでに関連カテゴリーも見る
お出かけ・旅行・レジャー

よかったらこちらも見てって(´∀`*)
********



【更新のお知らせや日常のつぶやきしてます
Twitter→
Facebook→

インスタ(メイン)→


LINEで更新通知を送る

 dokusha
↑よかったら読者登録お願いします(。・ω・)ノ゙