どもども、ナナイロペリカンです!

ブームになってるドラマ『逃げ恥』
昨日でとうとう最終回を迎えましたね!
(・∀・)つ

…いやわたしまだ録画見てないんですけどね
(見てないんかい)
毎度楽しみに録りためて見てます〜

このブログでもちょいちょいアピールしてきてますが私の
星野源さんファン
そうなんです
「ナナイロさんの源さんの記事もっと読みたい!」という読者の方が
約1名ほど居まして…
(↑ほとんど0じゃねーか)
今回だけ特別に趣味の話、星野源さんネタ
ちょろっと聞いてくださいます?
(興味ない方は全力スルーで!)


わたしが源さんに出会ったのが4年ほど前…
(もう聞いてねーよ)

その頃YouTubeでいろんな音楽聴いてたら、
たまたま源さんの音源PVにたどり着き
1221-1
草食感溢れすぎ…
いや草食ってかもうほとんど草…
マイナスイオン男子!

こんな人と結婚したーい!って思いましたわ
↑タマ子当時3歳(育児に疲れていたのかな)

そして気になったあと、すぐに
くも膜下出血で倒れたとのニュースが流れ
ショック!

え、うそだろ…ちょ!まっ…え…源!?
出会ったばかりでもっとアナタのこと知りたいって思った矢先にそんな!?
こんな運命って残酷すぎだろぉぉぉ…ぃ!

そう、これが…遊びの恋が本気になったはじまりでした
(読者解除はやめてくれ)

そんなこんなでファンになったんですけども
音楽・演技(声優やコントなども)・エッセイ本…
多彩で、すごく人間らしい人柄にすっかりハマってしまいました

そんでねここから本題です!

昨日から、
平匡(源)ロスしてる人も多いかと思うのですが

…わたしゃね、
2年前くらいから星野源ロス

してるんですよ…!。・゚・(ノД`)

復帰後、2年前くらいの間に
露出が増え、知名度があがり、人気がめきめき急上昇しまして!


今回の逃げ恥のドラマでヒロインをみごとに演じた源さん
じゃなくてガッキーのおかげもあり、またファンがどっと増え
1221-5
もーねーライブにぜんっぜん
当選しないんっすわ…!。・゚・(ノД`)


例えるならこれ
1221-3
だったのが
1221-4

星野源ミシュラン化…!

土手で見た、わたしのギター男子が
スターになってもうた(´;ω;`)

(↑いいことじゃねーか!)

「……遠い人になっちゃった……」
(↑うるせえよ)

とおちゃんに嘆いたら
1221-6
最低!と罵られました

あぁぁー好きすぎてー嫉妬がぁぁ!止まらないぃぃ!

だからもう自給自足するしかない
とギターなんかやってるのですが、もうさ…
1221-7
自給なんてできるわけもなく!
ダッシュ村並みに開墾ハンパねえよ…。

せつねぇ…!(´;ω;`)

と、なんやかんや言いましたが、
売れるべくして売れた源さん。ほんとうによかったです…。
Twitterで「今○○テレビで源さん出てますよ!」とか
「一緒にライブ行きましょうよ」とか誘ってくれる優しいお方がちらほら出てくれて
源さん人気でて、仲間が増えたのはほんと嬉しい!

で?何の話だよって感じですが
星野源っていいよね?でへへって話です。

(結局それかよー)
はい、オチもなくスミマセン。
結局ただの趣味の話で長文失礼しました。

平匡ロスから源さんの曲聞いてみようかなって方はぜひこちら


シングルのCP曲とかいろいろ好きな作品あるけれど
入門おすすめアルバムとおすすめ曲上位4つ(無理矢理選んだ4つ)↓

エピソード(くだらないの中に/日常/湯気/ステップ)


Stranger(化物/夢の外へ/フィルム/生まれ変わり)



YELLOW DANCER(SUN/地獄でなぜ悪い/Snow Men
時よ)



あとエッセイもオススメです!
入門書は「そして生活はつづく」



興味ある方はぜひチェックしてみて!
ファンとして…
これからは心を入れ替えて布教活動がんばります!笑

**ブログランキング**

趣味の話でスミマセン
そろそろ年末恒例の記事も描きたいななんて思ってます

**応援よろしくです!**

前回の記事にコメントありがとうございます!
毎度本当にありがとう…ありがとう…

Twitter→  Facebook→ YOUTUBE→ ブログのヒストリービュー→



///////// 毎度宣伝すいません!よろしければ! /////////

【毎月1日発売/単行本発売中】

講談社おともだち連載
育児漫画「いろはにちへど」→(本お試しページ)

いろはにちへどーがんばるかあちゃん子育て三年盛りー
いろはにちへど-書影s
Amazon 楽天
●たまご絵日記2 -かあちゃん2年目のリアル-

【Amazon】【楽天ブックス】【電子書籍】
●たまご絵日記 -新米かあちゃん奮闘記-

【Amazon】 【楽天ブックス】【電子書籍】