突然アレー?なオタク話ですが、私、好きな授業が2つありまして。

ひとつは「美術」

そしてもうひとつは、「生物」


美術は小さい頃からずっと好きでやってきたので、
美術の授業を受けていても、「当たり前」といいますか
「必要だし!」って感じで…
思えばかわいげも無くやっておりましたが

生物の方は、目をキラッキラ輝かせて「ほほぅ!」だとか「へぇぇ!」だとか言いながら
毎回毎回、身乗り出して授業を聞いておりました。

しかも生物の授業で、わからないことがあると放課後先生の部屋の門をたたき、
質問に行かねば自分の好奇心に対して申し訳ない!というか気が済まない程の夢中っぷりで
あれあれ?ちょっと私ヤバいんじゃない?って自分でフト思う位。汗


…ある意味、当時は美術よりも純粋に好きだったかもしれない。




そんな生物大好きっ娘だった私が今、楽しみにしている事と言えば


「どういうふうに遺伝された子供が作られるのか?」

という、タマちゃんへの興味ごと。


…!ちょ!ちょっっと!みなさん引かないでくださーい!!!あせる

そんなに変態チック、実験チックな話ではありません。


親の体のパーツ。そして体質。性格。


ブチャイクでも結果はどうであれ構わないんです。

どうmixされて出てくるか。

純粋におもしろいなぁと思うし、密かな楽しみなんです。

もちろん健康に産まれる事を一番に願っておりますが…。


ちなみに、私の身近におもしろい例がいます。

今飼っているセキセイインコなのですが…。

彼らは祖母の代から続く自家繁殖で2代目3代目とおります。

たまご絵日記 -はじめての妊娠&子育て-

初代の祖父と祖母は死んでしまったけれど
その間で産まれた緑色のセキセイインコと
(緑色は優性遺伝子でかなりの確率で形質に表れる)

親の色は知らないが、青いインコとの間に産まれた
3代目の色が、初代・祖母の色と同じく黄色でした。

ということは青の子の先祖に(おそらく親の代に)
黄色い鳥が居たという証明になるわけで…。

つまりは3代目の黄色は隔世遺伝。


この黄色が産まれた時はまさかの祖母が蘇ったようでとても嬉しかったです。


要は遺伝っておもしろいねって話なのですが



ー私自身の遺伝についてー

髪質や骨格は、父親似

目と歯は母親似

ちなみに声は、父方のイトコの女子はそろって声質がよく似ている。
つまり父方の先祖の声にまつわる遺伝情報が強く表れているといういこと。

そして性格は、父方のすっとぼけおばあちゃん(→前記事参照)の性格とよく似ております。
これは遺伝というよりかしつけのうるさかった父親の影響をうけたのかもしれませんが。。。

ちなみに美術が好きなのは、職人だったじいちゃんの遺伝(物心ついたときにじいちゃんは亡くなっていたからやっぱり遺伝か)とそして先祖に画家が居たらしく、その血も引いているんではないか?って話も…。


うんおもろい。
自分がどんな遺伝情報を持ってきているかってのは。キラキラ

え…?そうでもなかですか?汗


さらに大きく分類すると、自分がどんなルーツであったか知る事になる。


日本人の顔を、2代分類で分けると…。この2タイプに分けられるそうです。

皆さんはどちらのタイプですか?

たまご絵日記 -はじめての妊娠&子育て- たまご絵日記 -はじめての妊娠&子育て-

どちらが多く出ているか、の違いで分けるとすれば。
このようなチェック項目があります。

■縄文人型・弥生人型チェック
(該当する項目が多い方は縄文人型、少ない方は弥生人型)

・まゆ毛・ひげ・体毛が濃い
・目が大きく、二重まぶた
・蒙古襞が小さく、涙腺が露出
・鼻翼が大きい
・唇が厚い
・耳たぶが大きい
・耳垢が湿っている
・凹凸の多い彫りの深い顔
・汗っかきである
・指紋は蹄状紋が多い
・胴が短く手足が長い
・血液型はO型又はB型


この12個の項目のウチ、私は8個程度当てはまります。

つまり70%縄文人顔ってことです。笑


ちなみに私が少し前に沖縄に行ったとき、現地のおばあちゃんに

「ありゃー?あんた地元沖縄かね?」「沖縄の人にそっくりだよ」
と言われたのがすごい衝撃でした。

確かにそのおばあちゃんと私、目鼻口骨格がどことなく似ている。

…なんでも沖縄と北海道の人は縄文人顔の血が濃いそうです。

すると、私が沖縄と北海道に行きたくなって迷ってたのはもしやご先祖様が私を呼び起こした???

…↑ぜったい違うと思うけど(笑


ちなみに…うちの旦那は弥生顔タイプ。

私は、縄文顔タイプ。


だから、この2人から産まれる子はまったくどんな顔になるか想像がつきません。


…まあ。

いいや。


今は「未知への好奇心」でいっぱい音譜という感じなのですが

そんなことウダウダ考えているのも今のうち。


産まれてしまえばこんなルーツの事なんて、

どうでもよくなるくらい夢中になってしまうのでしょうねー。

てか余裕がなくなるといいますか…汗


…その日が来るまで、あと70日!!!



にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ
マタニティブログ村、産科中