毎週火曜日は、

近所のレンタルビデオ屋さんの新作210円・旧作100円セール。

へっへっへ~、旦那の仕事も遅いしご飯の支度まで時間あるし借りチャオ!!!

ってわけで、今回借りたのはこちらの作品です。


…前から気になっていました!
「つみきのいえ」
つみきのいえ
¥1,795

短編アニメでたったの12分の作品。

けど何やら賞をたくさんもらっているらしい。

色鉛筆で描いたような味のある様なタッチも気になったいた。

とりあえずなんとなーく借りたんですけど。



これがまた。


見てそうそう、設定がちょっとヤバいなと思いつつ…


開始6分目あたりで


号泣。


たまご絵日記 -はじめての妊娠&子育て-


そして12分間の作品。


終わるまで


号泣。



ひっさびさに「オオオオ」って泣きました。


オオオオオオオオオオ

です。

20代の乙女がねー。笑



たったの12分ですが

私の人生の大切にしている価値観のドつぼでして、

こんなに映画で泣けたのも久々です。


今朝も見て、計3回みました…


ごちそうさまでした。



実は、もうひとつ借りてて

こちらは「ベンジャミン・バトン」
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
¥2,945

これはちょっと前にCMでバンバン流れていたからあらすじの説明は不要かもしれないが

産まれた時は老いていて、年を重ねるたびに若返っていく人の話。



けども今回借りたこの2本の作品。

特に前情報もなくなんとなーく借りた作品だったが

テーマがとっても似ていたのです。


それは、

「人生の意味」

ってやつです。


つみきのいえは、言葉もほとんどないし、時間も短いし

無駄なものが削ぎ取られていて、すごく象徴的な作品。

ベンジャミンバトンのほうは、

作品のストーリー自体のおもしろさを狙ったドラマ的な作品だったし

そう言う意味ではこの2作品はすごく対照的なわけだけど

産まれてから死ぬまでの、人を愛するという事についてのテーマが共通していたので

2つを見終わったあとは、

より深く


自分が生きていて、今、こうして居ることを抱きしめたいような気持ちになった。

うちの優しくて不器用な旦那さま…死ぬまで大事にしようって改めて思いました…

もちろんタマちゃんも。


そのあとは急いで夕飯の支度をはじめ、

ほうれんそうのおひたしにさんまの塩焼き、けんちん汁に納豆。

最近作らなかった和食で、だんなの健康を必死に祈願!!!

なんて気まぐれな…↑




今が生きてて一番しあわせかもしれない。


そのあとはどうなっていくかわからないけど…


けど、それでもいいです。


その幸せを今は必死に守って行きたいのです。


と今見返したらだいぶ独り言のようなブログになってしまいましたが

このつみきのいえ、ベンジャミンバトン妊婦さんにも

とってもおすすめな映画だと思います♪

よかったらぜひ見て下さいね~!

にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ
マタニティブログ村、産科中