どもです~

「これからはもっと更新頑張るぜ!」

って行ったそばから

3日連ちゃんお休みした
ナナ色ペリカンでございます。


大ウソツキ!!!!
(自分自身に言い聞かせて)



今日のタイトルは乳
なわけなんですが

スケベな内容を期待したアナタはごめんなさい。

↑ウチの読者様にそんなやつはいねーっつーの!笑


ここ一ヶ月くらいにあったできごとをまとめたものですので

今回ちょっと長いです。

どうかお暇がある時にでも読んで下さいね!




タマ子が1歳になる前からぼちぼち脳裏をよぎっていた事がありまして


それは、


「わたしゃいつパイ(授乳)から卒業するんだろう…」



ということ。



一般的にはパイをやめれば酒も飲めるし夜もまとめて寝てくれるし

といろいろと魅力的な面がチラツキますが


今まで、

私の中でとりたてて早くやめたいとか、何か断乳計画があるわけではありませんでした。

細切れ睡眠も慣れたもんですしな~。


人体の不思議・水芸イリュージョンを

純粋にタマ子と楽しみたいという気持ちもありました。




ただ…


ここのところ…





たまご絵日記 -はじめての子育て-


そうなんです。


切実に、ポロリしてしまうんじゃないかと。


じゃじゃまるー、
ピッコロー、「ポーロリー!」…

↑はい?



もうね、そんな寒いギャグ言うほどじわじわと辛くなって参りまして。(;´▽`A``


うちの家の前でそっと耳を澄ましてみなさいよ。

結構な確率で「アタタタタタ!!!」って聞こえてくるほどよ。



てかさぁ、タマ子の乳歯、今日数えたら15本もあったよ…ちょっと早すぎるんですよ…




そんなわけで、考えずにはいられないんです。


「…いつ終えよう。どんな形で終えよう。」


と!


どちらにしてもタマ子はパイパイ将軍。

離乳食も最近は少し食べるようになったけど

ほとんどパイがメインで回数もほとんど減っておりません。

タマ子の離乳食の進み具合も考えて進まねばなりません。



とりあえず、私は今できる事として

1歳のお誕生日を過ぎたらすぐ麻しん風疹の予防接種をやるように、

さっそく1歳のお祝いは
牛乳で乾杯を。


たまご絵日記 -はじめての子育て-


特に下しもせずタマ子はいけるクチで
牛乳は大成功でした。

あっという間に100ミリリットル飲んでくれるようになりました。


これでほっと一安心。


ミルクをまったく受け付けないので、

パイに代わる栄養ドリンクとして

牛乳を飲んでくれれば少しずつパイから離れてくれるだろうという計算でした。




そして牛乳が飲めるようになり、離乳食もあるし、

予想通り、日中はパイの回数がぐんと減るようになりました。音譜


わーい大進歩!!(°∀°)b



しかし…



相変わらず昼寝と夕方を過ぎてからは
パイパイ伯爵のタマ子に変身してしまいますし



そこから卒乳へ、どう一歩進むか…


が、大きな課題に。

まだ離乳食も満足に食べれくれる訳ではないので

そこから先の展開はまだまだ期待できそうにもありませんでした。




で、そんなとき、




前回の記事で、

一時保育をしたということをお伝えしたんですが

その際とても勉強になった事がありました。




それが…



保育園では「お昼寝」というシエスタがありまして


規定時間が来ると、

たとえ一時の預かりだろうときっちりそのシエスタを取ってくれます。





たまご絵日記 -はじめての子育て-


こちらの絵のセリフで保育士さんが

「おひるねもしたねー」

と言っているのですがこれがガチでして…



「アタシ以外と寝ただなんて!!!」


↑なぜ強調した?(゜д゜;)



まさか母ちゃんの添い乳以外でいけしゃあしゃあと寝るだなんて思いもしませんでしたが

実はとってもとっても
嬉しさでわくわく!!!


これって…

「もしやうまくすればさらっと卒乳できちゃったり!?」


なんて夢みたいな妄想が膨らみましてねえぇ。。。。


で、ちょっと長過ぎるのでその2へ 続きます。

(あ、その1とその2は同時にアップしたのでご安心を!)